【動画あり】石川県加賀市で募集中のNextCommonsLabの説明会に行ってきた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「国や自治体がこれから本当に成り立っていくのか、
僕たちは疑問を持たなければならない」

石川県加賀市が新たに参加するプロジェクト「Next Commons Lab」の
人材募集説明会が1月14日に東京で開催され、代表の林篤志さんはこう述べられました。

ゴールの見えない人口減少、少子高齢化、地方過疎、
日本が突き進む先の答えを持っている人は、今どこにもいません。

石川県の南加賀エリアで唯一”消滅可能性都市”と呼ばれる加賀市も、
この問題に向き合うため、「Next Commons Lab 加賀」をこの春始動させます。

Next Commons Labとは

さまざまな領域で活動するメンバーが集まり、プロジェクトを通じて
地域と交わりながら、新しい社会の実現を目指す場。

共通の価値観をもった人達が集結して、小さなコミュニティを多数創造し、
その多様な社会が緩やかに繋がることで、新しい社会システムの構築を目指しています。

現在、岩手県遠野市にでは、すでにNext Commons Labがスタートしており、
今年新たに「石川県加賀市」「奈良県奥大和」「宮城県南三陸町」でも始動します。

公式サイト:http://nextcommonslab.jp/

”Next Commons Lab加賀”の募集内容

現在、Next Commons Lab加賀では、創業メンバーを三名募集しています。

採用後は現地法人「Next Commons Lab加賀」を立ち上げ、
加賀市と協力しながら運用を行い、
10のプロジェクトの企画に関わっていただきます。

Next Commons Lab加賀のコンセプトは【越境】です。

台湾にも拠点をつくり、シンガポールやアジアを行き来しながら、
色んな文化・経済圏を創っていく、いきなり国境を超えるプロジェクトとなります。

「ローカルtoローカル」という、国境を越えて地域がつながるというコンセプトの中で、
創業メンバーがプロジェクトを決定し、東京をすっとばして、世界中の地域と
文化・経済圏を創っていける事を体現できるメンバーを募集しています。

最大三年間のベーシックインカム

”Next Commons Lab加賀”は、
最終的には10のプロジェクトが自立し、自活できる事を目指しています。

ただ、プロジェクトを軌道に乗せるまでの最大三年間は、
「地域おこし協力隊」の制度を利用し、報償を支給します。

<Next Commons Lab × 地域おこし協力隊の詳細はコチラ>

また、詳細はNext Commons Lab公式サイトよりご覧ください。

応募締切「1月19日(木)」に迫る!

応募の締め切りがすぐそこに迫っています。

興味がある方、

2017年1月19日(木)23:59までです!

エントリーをお待ちしています!

大学卒業後、ファッション通販サイトの運営会社に入社。
その後の2016年7月、結婚を機に東京を離れる事を決意し、この石川県加賀市に移住してきました。
現在は移住コンシェルジュとして活動中。
石川県加賀市への移住を検討されている方に向けて魅力を発信しています!
移住体験ツアーなども随時受付中。お気軽にお問合せください^^

詳しい自己紹介はコチラ!