石川県加賀市で新規就農する為にまず知ってほしいポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

移住への関心が高まっている昨今ですが、「移住後は農業に携わりたい」と
新規就農(しんきしゅうのう)に興味を持たれる方も沢山いらっしゃいます。

新規就農

農園への就職ではなく、独立して農業をスタートさせること。

そんな新規就農ですが、いざ始めようとなった場合には
「農地の取得」「農業機械の準備」「販路の確保」など、
”農業を生業とする”までには大変な道のりが待ち受けています。

必要な資金を知る

農業を始めたいと思った時、最初の一年目にかかる費用はどれほどでしょうか。

いしかわ農業総合支援機構では、以下のような数字を出しています。

農業をはじめるのに掛かる費用

全国調査では、新規就農者1年目の費用は「機械・施設費用が平均約655万円」「営農資金220万円」、計875万円という数字が出ています。
初めの頃は農業収入があまり期待できないので、生活資金も2年分ぐらいは用意する必要があるといわれています。

石川県加賀市で新規就農を既にスタートされている先輩方の話を聞くと、
最初の頃はバイトで食いつないだりと、厳しい生活を覚悟して始められる方も多いです。

※加賀市への移住や新規就農を検討されている方で、
「先輩の話を聞きたい」「実際自分はやっていけるのか」という
ご相談を希望の方は、まずは移住コンシェルジュまでご相談ください

ノウハウを学ぶ

石川県加賀市では、農業のノウハウを習得したい方に向け、
現在「いしかわ耕稼塾(こうかじゅく)」の研修生を募集しています。

いしかわ耕稼塾(こうかじゅく)

農業の担い手不足解消をめざし、県内での就農を希望する方を対象に、必要な技術や知識を習得する塾のこと。希望に応じて3コースに分かれる。

こちら、締め切りは平成29年1月25日(水)必着です!

詳細はこちらをご覧ください。

支援制度を活用する

新規就農を始める方を対象に、支援制度が準備されています。

青年就農給付金(準備型)

研修中の所得を確保したい方向け。
都道府県が認める研修を45歳未満(原則)の就農者が受ける場合、最長2年間・年間150万円を給付。

青年就農給付金(経営開始型)

農業を経営し始めて間もない時期の所得を確保したい方向け。
原則として45歳未満で独立する就農者に対し、農業を始めてから経営が安定するまでの間、最長5年間・年間150万円を給付。

※いずれも要件の確認等がございますので、
申請様式の作成前に給付主体(都道府県等)に必ずご相談ください。 

先輩就農者の声を聞く

石川県加賀市には、後継者がいない畑や耕作放棄地が多数あります。

しかし、その情報はインターネットで出てくることはなく、
あくまで人の縁によって発見され、結ばれるケースが殆どです。

「新規就農したいけど、最初の一歩が分からない」という方の為に、
実際に石川県加賀市で新規就農された方へインタビューいたしました。

(近日公開予定)


【お知らせ】石川県加賀市に移住しませんか?

石川県加賀市では平成28年より「加賀市定住促進協議会」を発足し、
加賀市への移住・定住に力をいれています。

定住促進ポータルサイトを作成のうえ、
相談窓口として移住コンシェルジュも設置いたしました。

私達(移住コンシェルジュ)は毎月地道に移住体験ツアーを開催しております!

次回は2017年2月10日(金)、11日(土)に実施予定です。
また、日程の都合があわない方は、個別の現地案内も承っています。

ご興味がある方、ぜひご連絡ください。
(バナーよりお問い合わせが可能です!)
%ef%bc%91%ef%bc%91%ef%bc%91

大学卒業後、ファッション通販サイトの運営会社に入社。
その後の2016年7月、結婚を機に東京を離れる事を決意し、この石川県加賀市に移住してきました。
現在は移住コンシェルジュとして活動中。
石川県加賀市への移住を検討されている方に向けて魅力を発信しています!
移住体験ツアーなども随時受付中。お気軽にお問合せください^^

詳しい自己紹介はコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする