【移住体験シリーズ】自然豊かな場所で農家民泊にチャレンジしたい夫婦の話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!石川県加賀市・移住コンシェルジュのやまだです。

石川県加賀市は移住に力をいれており、私のような移住コンシェルジュもおります。

例えば、移住を考えている方が加賀市に遊びにこられた際には、
本人の希望を伺いながら、住まいやコミュニティを紹介し、移住のお手伝いをしています。

今回は、実際に移住検討者の方をアテンドしたお話を。

移住検討者・Sさん

来訪日:2017年4月中旬

ご夫婦で田舎暮らしを検討。
石川県加賀市を候補として今回二度目のご訪問でした。

将来的には農家民泊の運営などに興味があり、
今回の来訪では、市内の空き物件・候補エリアの現地確認を希望されました。

事前面談の末、候補エリアを決定!

一回目の来訪時に行った面談では、移住後の目標として
”農家民泊” ”自然栽培”といったキーワードがあがりました。

奥様からも、「家が傷んでいても、不便な場所でも構いません。
自然豊かな場所で暮らしたいです。」というお言葉をいただいていたので、
今回は加賀市の最奥に位置する”東谷(ひがしたに)”エリアをご紹介することに。

東谷エリア…
加賀市の東南の山間部に位置し、4集落からなる。過疎化が進んでいるが、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されたことにより、注目が集まる。民家の屋根は赤瓦で葺かれ、煙出しが設けられており、この地の景観を特徴づけている。
加賀東谷 山村集落 引用サイト

/東谷エリアでお店や生活をされている方々/

まずは地元の人に相談…

東谷エリアを紹介すると決めた後は、
実際にそのエリアで生活を営んでいる地元の人に相談です。

新しい人を受け入れてくれる雰囲気なのか、タイミングよく空き家はあるのか。
移住を検討されている方はどんな方なのか…。

そういった事をお伝えし、地元ツテや不動産を頼りにご紹介できる家を探していきます。

今回は運よく紹介物件が見つかり、Sさんをご案内できることに。

蔵造りの家を見学!

今回ご紹介した東谷エリアは”重要伝統的建造物群保存地区”に認定されている為、
同地区の家には赤瓦の屋根が使われており、不思議な統一感を与えてくれます。

今回は、その中でも珍しい蔵造りの家をご紹介しました。

 

(立派な蔵造りの家を見学する様子・中は物がなくスッキリとしたお部屋)

(外観も蔵っぽい雰囲気があります・畑つきです)

また、全国同様かと思いますが、空き家であっても前住人の私物が中に残っていたりと、
まずは片付け・廃棄から行わなければいけない家が多く存在しています。

こちらの家は、その点が幸いにもクリアされていたため、
DIYをすぐに始められるといったメリットもある物件でした。

現地案内を終えて

移住検討者・Sさんからの感想

「移住を考え、実際に家探しだったり、
地域の方々に会えて本当に良かったです。

まだまだ、移住には時間がかかりそうですが、
将来は加賀市で活躍できるように準備していきます!!」

アテンドの振り返って

すでに何度か訪れていただいているご夫婦だったこともあり、
地元の方もとても好意的に迎えてくださり、物件見学まで行う事ができました!

そしてなんと!後日、地元の方から私宛に直接お電話をいただき、
若い人を歓迎したい。この村をどうにか残していきたいんや。」とのお言葉も貰い、
地元の方の受け入れてくれる姿勢になんだか私がジーンとしました。

すぐの移住にはならなかったですが、ゆっくり時間をかけて夫婦の夢を叶えてほしいです!


【お知らせ】石川県加賀市に移住しませんか?

石川県加賀市では平成28年より「加賀市定住促進協議会」を発足し、
加賀市への移住・定住に力をいれています。

定住促進ポータルサイトを作成のうえ、
相談窓口として移住コンシェルジュも設置いたしました。

個別の現地案内も承っていますので、ご興味がある方、ぜひご連絡ください。

大学卒業後、ファッション通販サイトの運営会社に入社。
その後の2016年7月、結婚を機に東京を離れる事を決意し、この石川県加賀市に移住してきました。
現在は移住コンシェルジュとして活動中。
石川県加賀市への移住を検討されている方に向けて魅力を発信しています!
移住体験ツアーなども随時受付中。お気軽にお問合せください^^

詳しい自己紹介はコチラ!