【石川県加賀市】”竹の浦館の食堂”が閉店決定。新たな一歩を踏み出す先とは。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本サイト”加賀ぐらしのススメ。”は、石川県加賀市で行うイベント「篝火夜市」を応援中!
この記事は、篝火夜市の出店者様のインタビュー記事となります。

【篝火夜市(かがりびよいち)とは?特集ページはこちら!】

竹の浦館

1930年、竹の浦館の前身である「瀬越小学校」が生まれた。


-今なお残る、二宮金次郎像。

人材育成を願い、村の有志の寄付により建てられた木造の小学校だったが、
統廃合により閉校を余儀なくされ、その後「加賀市青年の家」として利用されるも、
校舎の老朽化を理由に取り壊しの声があがる。

そんな中、地元の人々の強い熱意により、竹の浦館の存続が決定し、
2002年からNPO法人「竹の浦夢創塾」がその運営に当たる。

人々が交錯し出会う場として、地域イベントや学生ワークショップの会場として愛され、
また、日本遺産にも選ばれた”北前船”のストーリーを汲んだ発酵食品の開発も行う。


-今では珍しい木造の小学校。全国から視察がくる。

竹の浦館・管理人 畑 真佐武さん

石川県加賀市出身。

卒業後、ご実家の家業である醤油屋を手伝っていたところ、
竹の浦夢創塾のメンバーから「竹の浦でオリジナルのお酢を手掛けないか?」と誘われる。

着任から8年目を迎えた2017年、館内食堂の閉店が決まり、
それに伴い、オリジナルの酢づくりもストップさせることが決定したなかで、
”次の竹の浦館”を担うキーパソンの一人。

Q1 竹の浦館は、加賀市の人にとってどんな場所ですか?

自分らの世代にとっては、利用者として合宿等で使っていたので
思い出もありますし、懐かしい場所です。

今の20歳から上の世代は、みんな何らかの形で竹の浦館に訪れているので、
同様に懐かしい場所に感じられていると思います。

いまでも、講堂や和室・調理室などをレンタルしていただけるので、
地域のイベントであったり、ライブやワークショップも開催されていて、
当初の目的である「地域交流の場」としても使われ続けています。

/PLUSKAGAプロジェクトの会場もいつも”竹の浦館”


-雰囲気のある講堂。これまで沢山のイベントが開催。

Q2 「竹の浦×発酵」を始めたきっかけを教えてください。

竹の浦館の前身である瀬越小学校は、当時、村の有志の方々の寄付により建てられました。
その有志の方とは、日本遺産にも選ばれた北前船の二大船首なんです。

北前船とは…
江戸から明治中期にかけて、大阪から瀬戸内海、山陰、北陸、東北を経て、北海道に至る西廻り航路に従事した北前船。輸送機能のみではなく、商社としての機能も持ち合わせ、近世物流の大動脈を担っていた。
引用元URL:北陸の歴史 ニッポンを運んだ北前船


-館内にはたくさんの北前船の資料

北前船では、長期間の渡航に耐えうる保存食品として、
加賀の伝統食でもある「へしこ(サバを発酵させたもの)」を船に乗せていました。

船首の寄付によって建てられた竹の浦館で、彼らが当時運んでいたものを作る。
竹の浦館で発酵食を手掛ける理由は、この時代のストーリーを汲んでのものなんです。

Q3 オリジナルのお酢について教えてください。

竹の浦館では、オリジナルのお酢を三種類ご用意しています。

  • たけのこ酢
  • 梨酢
  • イチゴ酢(たけのこ酢にイチゴを漬け込んだお酢)

たけのこも梨も、加賀市で採れたものです。
規格外品を仕入れ、お酢へ加工しているため、無駄もありません。

食堂の閉店を機に、オリジナル酢の生産も一旦すべて中止となります。
そのため、現在の在庫がきれたら販売もなくなります。

防カビ材や着色料はもちろん使用していませんし、
この限りあるお酢をもっと色んな方に食べていただきたいです。

加賀市の野菜や果物を使っていますので、地元の人にも是非!

Q4 最後に、今後のことを教えてください。

今回、食堂の閉店とオリジナル酢の製造中止に関しては、
驚かれた方も沢山いらっしゃると思います。

ただ、竹の浦館の活動を一旦スリム化することで、
竹の浦館に本当に求められている需要を探りたいと思っています。

2002年にNPO法人「竹の浦夢創塾」が発足して15年。

本当に竹の浦館は沢山の方々に支えられてきました。

15年も続いたNPO法人の今後の継続性をかんがえたとき、
収益を出せる可能性を探る局面にきたのだと思っています。

竹の浦館はこれからも残りますし、レンタルスペースの貸し出しは継続します。

これまで食堂やお酢に関わってくれた人の気持ちと共に、
竹の浦館の本当の価値を、もう一度みなさんと探っていきたいです!


-食堂をささえてきた皆さんと。


【お知らせ】
竹の浦館の食堂は5月28日をもって終了となります。
オリジナルお酢は、2017/5/21実施の第一回篝火夜市で発売予定です!
管理人・畑さんが教えるお勧めの調理法はコチラ。

●たけのこ酢

癖がなく、スキっとした感覚のお酢なので、素材の味を活かしたい時におすすめです。
カニ酢、酢飯、冷麺などにも合います!

●梨酢

洋風の料理にあいます。梨がふわっと香るので、バルサミコ酢のようにサラダにかけるのも◎
春雨とわかめの和え物などにどうぞ。

●イチゴ酢

牛乳や炭酸で割ると飲むと大変美味しいです!クランベリーソースのような感覚でどうぞ◎

竹の浦館
住所:石川県加賀市大聖寺瀬越町イ19-1
TEL:0761-73-8812 / FAX:0761-73-8813
大学卒業後、ファッション通販サイトの運営会社に入社。 その後の2016年7月、結婚を機に東京を離れる事を決意し、この石川県加賀市に移住してきました。 現在は移住コンシェルジュとして活動中。 石川県加賀市への移住を検討されている方に向けて魅力を発信しています! 移住体験ツアーなども随時受付中。お気軽にお問合せください^^ 詳しい自己紹介はコチラ!