【外から見た加賀市③】地元の人も知らない加賀最奥のオアシスに何がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本サイト”加賀ぐらしのススメ。”は、石川県加賀市で行うイベント「篝火夜市」を応援中!
この記事は、篝火夜市の出店者様のインタビュー記事となります。

【篝火夜市(かがりびよいち)とは?特集ページはこちら!】

住民わずか1世帯。加賀最奥の大土町(おおづちまち)

石川県加賀市の最奥地とよばれる東谷(ひがしたに)エリア。

その集落のなかでも、最も奥まった位置に存在する大土町は、
国際ワークキャンプ団体”NICE(ナイス)”の受け入れ等を積極的に行っている。

大土町の住民はわずか1世帯

日本国際ワークキャンプNICE…
国内・海外ボランティア活動を行う国際ボランティアNGO団体。国内・海外95か国でワークキャンプ等の各種事業を行う。
日本国際ワークキャンプNICE・引用サイト

大土を守る、二枚田昇さん

石川県加賀市の最奥の集落である大土町出身。

かつては山をおりていたが、大土町の保存を強く願い、
自身が63歳の時に再び山へ登ることを決意した。

大土町にある豊かな自然や昔ながらの暮らしを後世に伝えるべく、
国際ボランティア団体を積極的に活用し、外国人や若者を歓迎

彼の志や土地の持つ力に惹かれ、多くの外国人・県外の人たちが集まる大土町は、
知る人ぞ知る石川県加賀市の憩いの場として愛され続けている。

月に1回は大土町に通う県外の若者二人

白崎万智さん

福井県出身。大学進学を機に兵庫県に引っ越すも、就職を機に福井県にUターン。
現在は、病院の管理栄養士として勤務。

”食”を扱う身として、野菜やお米が実際に作られる過程を体験したいとの思いから、
国際ボランティア団体NICEを通じて2016年2月に大土町と出会う。

平松志乃さん

愛知県出身。
愛知県内の大学に進学し、観光とまちづくりを学び、現在大学4年生。

専攻する研究テーマに悩んでいた20歳のときに大土町との出会いを果たし、
そのことをキッカケにして”田舎×国際交流”というテーマを専攻することを決断。
現在も頻繁に大土町を訪れており、月に1回は通うほど。

Q1 大土町は、二人からみてどんな場所ですか?

白崎さん(以下:白):
面白い人が集まる場所だと思います。
大土で行われるワークキャンプでは、知らない人たちが集まって、
一緒に畑を耕したり、共同作業をしていきます。

そうすると、徐々にその人の考え方だったり、これまでの背景を聞く機会も生まれて、、
それが私とっても凄く刺激的で、自分の仕事の考え方や人への接し方も変わりました

平松さん(以下:平):
最初にきたときは、「こんな日本が残ってるんだ」と驚きました。
よくある田舎のレベルを超えて(笑)、まさに”限界集落”という言葉がふさわしい場所です。
何もないですが、だからこそ人が集まって、ここでしか出来ない交流が生まれるんだと思います。


‐国内外問わず、多くの人が大土に訪れている。

Q2 石川県加賀市のことは知っていましたか?

白:福井が地元なので、加賀市のことも知っていましたが、
どちらかというと、”金沢に行くときに通る通過点”というイメージでした。

大土を知ってから加賀市のことも知るようになり、
山もあるし海もあるしで、魅力が尽きないエリアだなと思います。

平:私も”石川=金沢”というイメージが強かったので、
大土を先に知って、そのあと加賀市を意識するようになりました。
今ではワークキャンプの最終日には必ず温泉に入ってから帰ります。


‐雨の大土を楽しむ二人。

Q3 ヨソモノが通ってしまう理由はなんだと思いますか?

:やっぱり色んな人との出会いがあって、お互い刺激しあえる場所だからでしょうか。
当時、福井にUターンした事で感じるしがらみや悩みがあったのですが、
大土で出会った人たちのお陰で「こんな事で悩んでる自分じゃだめだ」と気づかされました。

そういうことが重なって、大土が自分にとって大切な場所になっています。


‐みんなで囲炉裏を囲むと自然に本音が出るという

平:大土に何回通ったのか、もう数えるのも辞めました(笑)。それ位通っています。

初めてここに来た時、本当に圧倒されるような自然の力を感じて、
「ここをもっと広めたい!」と進路の悩みもリセットされるほど強い感情が生まれました。
それが自分にとって、大土に通う原風景なんだと思います。


‐笑いの絶えない大土。今後の大土計画を話す。

Q5 これからの新しい取り組みは?

平:大土では毎月一回、1泊2日の週末ワークキャンプをスタートさせました。
それまでは、2週間の中期間ワークキャンプが殆どだったので学生が多かったのですが、
これにより社会人の方たちも参加できるようになっています。

白:「大土」という名前をもっと沢山の方に知っていただきたいので、
今年は石川県加賀市で行われるイベントにも
”チーム大土三十枚田(おおづちさんじゅうまいだ)”で参加したいと思っています。

大土で採れた野菜やお米を味わってもらえるメニューを現在考案中です。


‐大土で採れた恵みのパワーをもっと多くの人に

Q6 「外からみた加賀市」を一言。

白:加賀市を知ったきっかけは大土を知ったことからでしたが、
知っていくと「温泉もある!」「自然もある!」と魅力がどんどん見つかる場所だと思います!

平:山にも海にもピューッと行くことができて、楽しむに困らない場所だと思います!

石川県加賀市大土町
NICEへの申し込みを希望される方はこちら

/外から見た加賀市シリーズ/

大学卒業後、ファッション通販サイトの運営会社に入社。 その後の2016年7月、結婚を機に東京を離れる事を決意し、この石川県加賀市に移住してきました。 現在は移住コンシェルジュとして活動中。 石川県加賀市への移住を検討されている方に向けて魅力を発信しています! 移住体験ツアーなども随時受付中。お気軽にお問合せください^^ 詳しい自己紹介はコチラ!