【石川県加賀市】寿司より美味いと評判の「おむすび銀のめし」とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本サイト”加賀ぐらしのススメ。”は、石川県加賀市で行うイベント「篝火夜市」を応援中!
この記事は、篝火夜市の出店者様のインタビュー記事となります。

【篝火夜市(かがりびよいち)とは?特集ページはこちら!】

おむすび銀のめし

2006年、石川県加賀市でオープンした”おむすび専門店”。

こっさと呼ばれる松の枯葉を燃料とした「かまど炊きごはん」は絶品。

そんなツヤツヤのごはんを使ってひとつひとつを丁寧に握られたおむすびは、
常連客から「寿司より美味い!」と絶賛されるほど。

おむすびの具もできるだけ手づくりし、添加物をなるべくゼロに。
お子様から安心していただける、愛情こもったおむすび屋。

作り手 松中ご夫妻

夫・滋さん

石川県加賀市育ち。73歳。

20代の頃より家業であった繊維業を生業としていた一方で、
自身が子供の頃に食べた”こっさめし”の味がずっと忘れられず、
61歳の時に家業をたたみ、「おむすび専門店」をオープンさせることを決意。

妻・道子さん

石川県金沢市出身。結婚を機に加賀市に移住。

夫婦で”銀のめし”をスタートさせて以来、
なるべく手作りの具材を使い、身体に優しいおむすびを提供し続けている。

Q1 銀のめしを始めたきっかけを教えてください。

なによりも、子供の時に食べた”かまど炊きごはん(こっさめし)”の味が忘れらなかったから。

自分が子供のときは、どこの家もかまどでご飯を炊いて、
こっさ(松葉)を拾ってきては火をおこしてご飯を炊いてたもんです。

その味がずっと忘れられなくて、きっとこのお店を始めたら、
今の人たちも美味いと言ってくれると思って始めたんです。


‐ふわふわ優しく握られるツヤツヤおむすび

Q2 銀のめしの味わいどころを教えてください。

「ご飯が美味しい」

これの一言やなあ。

小さい子でも「美味しい美味しい」って言って食べてくれるし、
家ではあんまり食べない子でも、うちのおむすびはペロっと2~3個食べたりして。

それを見たお母さんが「私のおにぎりはあまり食べないのに!」と驚くこともあるくらい。

Q3 開業して12年目。苦労や試行錯誤はありましたか?

最初は握り方が固かったり、そういう試行錯誤はあったけど、
それでも寝込むくらい悩んだ事はなかったね(笑)。

「おむすび専門店を始めたい」といった時は奥さんも反対してたけど、
なんだかんだ今では楽しくやっています。

楽しまなやれないねえ、この仕事は
毎朝3時に仕込みやし。みなさん寝てる時間やろ(笑)。

Q4 選りすぐりの具材たち、どのように生まれるんですか?

家族四人でアイデア出しあって決めてます。
料理番組みたり、料理本の丼ぶりもの見てひらめいたり…。

良いのを思いついたら、「とりあえず増やして、人気ないのを減らす」って言って始めるけど、
結局どれも生き残っていって、今は30種類位出してるんじゃないかな。

今までボツになったのは、手間が掛かりすぎた”きんぴらおむすび”と、
原価があわなかった”鰻おむすび”(笑)。


‐店内にはたくさんのメニューがならぶ

Q5 地物をつかった具材も沢山ありますが、こだわりは?

なるべく地元のものを使いたいっていう思いがあるから、
近隣で採れた野菜や魚を具材にすることも多いです。

例えば、うちの具材にある「大葉しょうゆ」なんかは、
近くの農家さんから、大量の大葉を分けてもらったのが始まり。

あとは銀のめし名物の「自家製ベーコン」
自家製の調味液に何日か漬け込み、燻製することで出来上がるベーコンは、
自分で言っちゃうけどこりゃあ美味いんやわ(笑)。


‐ジューシーな自家製ベーコン

Q6 地域のイベントにも積極的に参加する理由は?

イベントは娘たちが持って行ってくれるんだけど、
色んな人が来てくれるし、「お店の場所はどこですか?」って聞いてくれる人もいて、
新たな繋がりが生まれてやっぱり楽しいね

一日のイベントで同じ子供が3-4回リピートして買いにきてくれることもあって、
その場ですぐに反応が見れるのも嬉しいことやし。

以前、1000食も頼まれたイベントがあったけど、あれは大変だった。
家族4人で前日の夜中からひたすら握って、、、終始無言で頑張りました。


‐イベント以外でも週末はお店のお手伝いにくることもある御姉妹

Q7 今後の目標や展望を教えてください。

あくまで”こっさめし”というのがうちの店のメイン。そして手で握る。

機械に握らせてまでやりたくはないし、
だから私の手が動くあいだ、頑張ります(笑)。

あと、おむすびではないけれど、娘がよく言っているのは、
具材だけをいただく立ち飲み屋に挑戦すること。

手作りのおかずであったり、地物を使ったうちの具材は、
お酒にもよくあうので、楽しいんじゃないかなと思います。

Q8 どんな人におむすびを食べてほしいですか?

いっぱい。色んな人に食べて欲しいです。

でも、やっぱり子供やね。
子供のねえ、「美味しい!」って顔は本当にたまらないから。

おむすび銀のめし
住所:石川県加賀市大聖寺瀬越町イ21-1
電話:0761-73-8011

大学卒業後、ファッション通販サイトの運営会社に入社。 その後の2016年7月、結婚を機に東京を離れる事を決意し、この石川県加賀市に移住してきました。 現在は移住コンシェルジュとして活動中。 石川県加賀市への移住を検討されている方に向けて魅力を発信しています! 移住体験ツアーなども随時受付中。お気軽にお問合せください^^ 詳しい自己紹介はコチラ!