【移住者による創業編②】午前中を狙え!連日行列が出来るパン屋「山羊パン」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、石川県加賀市・移住コンシェルジュのやまだです。

今年の石川県加賀市は沢山のお店がオープンする嬉しい1年となりました!

具体的にどんな方が創業されているのか?
オープンしてから連日行列が続くパン屋に迫ります!

山羊パン(ヤギパン)

2016年9月にオープン。

国産小麦や天然酵母を使い、こだわりのパンを販売しているお店です。

住宅街にあり決して目立つ場所ではありませんが、
口コミが広まり遠方のお客様やイベント出店の依頼が後を絶ちません。

その秘密は、「こんなパンを待っていた!」という私達の声を
叶えてくれたお店だからではないでしょうか。

噛めば噛むほど愛おしい、もっちりとした天然酵母のパン。
贅沢です。

img_9444

オーナーの経歴

ヤギさん
三年前に石川県加賀市にUターン。
高校卒業後、大阪の製菓専門学校に進学し、卒業後はそのまま大阪のパン屋へ就職。
30歳を機に石川県に戻ってくることを決意し、実家のある加賀市へUターン。

img_9425

Q1 場所を決めた理由は?

実家の車庫を改装してお店にしました。

壁を自分で塗装したり、出来るところは自分でやりましたが、
物件自体のリノベーションについては、設計士の兄にイメージを伝えながら
自分が思い描いている理想のお店を目指しました。

リノベーションにかかった金額ですが、およそ350万円程です。
パンを作る為の機材は別途購入しています。

img_5734

Q2 石川県や加賀市の支援制度は使いましたか?

立地が住宅街だった事もあり、まちなかを対象とした支援制度は適用となりませんでした。

唯一、国が行っている「創業・第二創業促進補助金」は申請しましたが採択されず、
結果としては支援制度を使わずにオープンした形になります。

創業・第二創業促進補助金
経済産業省中小企業庁より交付される補助金です。

新たに創業する者や第二創業を行う者に対し、
新たな需要や雇用の創出等を促し、日本経済の活性化が目的とされています。

参考URL:http://sogyo-hojo-28.jp/
※平成28年度分は終了しております。

Q3 広告や宣伝はどんな方法で行いましたか?

facebookページ、自社サイト、instagramを開設しています。

facebookについては、お店がオープンする前から開設し、試作品などを投稿していました。

「facebookを見てきました」「友人のインスタを見ました」という声も頂くので、
SNSの力は大きいなと思っています。

地方紙などでのプレスリリースはしませんでしたが、オープンして1ヵ月ほど経過した所で、
複数の雑誌から掲載のご依頼をいただいて、宣伝に繋がっています。

↓instagramはこちら

Ayaka Yagiさん(@yagi.pan)が投稿した写真

↓facebookページはこちら

Q4 集客は順調ですか?

順調です。

山羊パンでは予約も承っているんですが、
12月中旬の時点で、年内の予約が既に終わってしまいました。

「予約商品を受け取る時に、次の予約をしていく」という感じで、
常連のお客様も多くいらっしゃいます。

金沢・福井などの遠方からお越しいただく方も多いですね。

Q5 オープン後、想定外だった事は?

想定外に嬉しかった事は、予想していたよりも多くのお客様が来てくださる事です。

毎朝、オープン前にも関わらずお客様が並んでくれているのを見ると、
嬉しい気持ちと「良いパンを届けたい」という気持ちが生まれます。

Q6 これから石川県加賀市での創業を検討している人に一言

「どうしようかなじゃくて、やったらいい」って思っています!


取材後記:
山羊パンが開業される事をfacebookページで知ったとき、私は本当に心躍る毎日でした!いつオープンするかと、毎日チェックしていた日々を思い出します。
オープン当初にも関わらず、金沢ナンバーの車が山羊パンの前に停まっているの見て、口コミのスピードに驚いたものです。山羊パンのもっちりとした食感は、眉間にシワが寄りがちな朝のひと時をニンマリさせてくれます。年始は1月7日からですよ〜!

/移住者による創業シリーズまとめ/

大学卒業後、ファッション通販サイトの運営会社に入社。
その後の2016年7月、結婚を機に東京を離れる事を決意し、この石川県加賀市に移住してきました。
現在は移住コンシェルジュとして活動中。
石川県加賀市への移住を検討されている方に向けて魅力を発信しています!
移住体験ツアーなども随時受付中。お気軽にお問合せください^^

詳しい自己紹介はコチラ!